NO NEED PAINは、evolvJAPANのエボリューションとHoliscare が、クライマーのために数年かけて共同開発したハーバル&ホメオパシックサルブです。

このサルブは、皮膚の荒れをケアするだけでなく、クライミングやスポーツなどによる傷、筋肉、腱、骨の疲労や痛み試合前の緊張など精神的なことまでホリスティックに癒します。

クライミング後や入浴後に指で温めるようにして少量取り、ケアしたい部分に塗布します。


ホリスケア  Holiscare.com

ホリスケアでは、HCT(ホリスティックケアセラピー)の療法を元にホメオパシー、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス等を使った心と体の健康と美容の促進に注目した、プロダクツの研究・開発をしています。

天然100%で肌へのやさしさと癒しの効果の両方にこだわり、ハーバル&ホメオパシック=癒しのスキンケア、自然治癒力を追求したプロダクツです。

HCT/Holiscare サイト


サルブの効用

ホメオパシーレメディNO NEED PAINにはハーブやアロマ以外にホメオパシー、フラワーエッセンスの効力のあるレメディが配合されています。

これらのレメディの特質として現物質が残っていないことから、成分としては出てきません。

諸外国ではホメオパシーとフラワーエッセンスの効用は広く認知されております。


ホメオパシーとは?

ホメオパシーとは、「症状を起こすものが その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が 根本原理の同種療法のことです。

私たちの自然治癒力(バイタルフォース)を高め、健康を取り戻す自然療法です。
自然治癒力(バイタルフォース)とは、本来の健康な自然体に戻ろうとするチカラのことです。

ホメオパシーは、このバイタルフォースのスイッチを押し、自分で治す力を体に ''気づかせる''ことで、 バランスを取り戻す助けをします。

HCT/ホメオパシー詳細


フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスの先駆であるバッチフラワーレメディは、1930年代に英国の医師エドワード・ バッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための花療法です。

NNP 心や感情のバランスが崩れたときに、病気になるのだという考えから、フラワーエッセンスを体内 に取り入れることで、心の平安を乱した状態や否定的な感情に対して作用します。
その人全体を癒し、本来の自分らしい状態を取り戻すようにしてくれるシステムで薬ではありません。

フラワーエッセンスは花の持つエネルギーが転写されたエッセンスです。

バッチフラワーレメディは単体のエッセンスが38種あり、それとレスキューレメディと呼ばれる5種類のエッセン スをコンビネーションされたものがあります。

それ以外にはこのレスキューをクリームや、キャンデー、スプレーにしたものもあります。
レスキューはまさに緊急のとき、パニックやショック、緊張などにつかいます。
イギリスの救急車には、このレスキューが常備されています。


成分

・サフラワー油、コメヌカ油、ミツロウ、アーモンド油、ホホバ種子油、シア脂
アルガニアスピノサ核油、ダイズ油、ニンジン根エキス、カミツレ花エキス、
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、ムラサキ根エキス
トコフェロール、ラベンダー油 ホメオパシーレメディ

・Arn、Rhus-t、 Rutaなど全10種のホメオパシー
・クラブアップルやインパチェンスなど全6種のフラワーエッセンス
などが配合されております。


注意

・高温場所に保管するとワックス(みつろう)が液化して液漏れの原因となります。
・ホメオパシーが入っておりますので、冷蔵庫や携帯電話などの電磁波のないところでの保存をお奨め致します。
・アルミホイルなどで包みますと、効力が保持されます。
・お肌に合わない場合はご使用をおやめ下さい。効果には個人差があります。